シマリス諭吉と漱石の日常
2008年 03月 03日
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿
雛祭りのお祝いに京都では桃の花ではなく、白梅と紅梅を飾るという風習があります。という訳で朝から梅の用意をしようと、梅の枝を頂く事にしていました。とはいうものの、勝手に切ってしまう訳にもいかないので、了承を得ていました♪ 昔から『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』という言葉がある様に、梅の木は切っても差支えがないという種類になるんですよねぇ。
梅
マンションの梅が咲いていました

梅
鳥が羽ばたいている様に思えたので何となく撮ってみました

梅
三姉妹ってトコですかねぇ…

梅の花が咲いていたので、一応カメラに収めておきました。近所にある梅林に行けば、もっとワッサ~って咲いているので、キレイな写真になるんでしょうけど、所詮マンションの片隅でひっそりと咲いている程度だったので、あまり見栄えのするものではありませんでした。とは云え、とりあえず数枚をカメラに収めてから、部屋に戻りました。

家に戻ってから気付いた事…
『あっ!梅とってくるの忘れた…(汗)』

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諭吉と漱石を広く知ってもらいたいと、ブログランキングに参加してみました。。。
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   にほんブログ村へ
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   人気ブログランキングへ

by ハム♂ | by chipmunks2 | 2008-03-03 23:59 | リス以外のお話
<< 漱石だけ 桃の節句 >>

シマリス 諭吉と漱石

シマリス 諭吉と漱石