シマリス諭吉と漱石の日常
2008年 02月 12日
カメラが直ったので再開!
カメラの調子が悪くて、暫く更新出来ませんでした(汗)
今年は何かとトラブルが続いてますわ~(*_*;

ってな訳で再開一発目はリスには関係ない話になります…

娘の初節句という事で雛人形を用意する事になりました。清水の舞台から飛び降りる覚悟で、高名な伝統工芸士の作による人形で作って貰う事になったのですが、これがかなり悩んで選ぶ事になってしまいました。京都に住んでいるという事もあり、西陣織の帯地で作って貰う事になったのですが、お雛様の顔立ちで意見が真っ二つに分かれてしまってるんですよねぇ。人形の表情は京雛よりいわゆる関東雛の方がとっつき易い顔立ちになるので、僕以外は関東雛の顔で作りたいという事になっています。ただ、せっかく高名な方に作って頂くという事なので、やはりここは伝統に則った京雛の顔で作っておきたいと思ってるんですよねぇ。
お雛様
お雛様の顔は難しいです

お雛様
いわゆる関東雛の顔立ちはとっつき易いですが…

お雛様
せっかくなので京雛の顔でと思ったり…

お雛様
今風の顔立ちは確かにキレイですが…

今風の顔立ちの関東雛の方が受けがいいのでしょうが、個人的には古来からある顔立ちのお雛様が希望なんですよね。安い買い物ではないので、それこそ後からどうにか出来るものでもないですし、これが一番ネックになってるんですよ。京雛の顔立ちは目が細く攣り上がった感じになるので、一見すると確かに怖い感じを受けると思いますが、気合の入った人形に関東雛の顔立ちというのも、不釣合いな気が…と思ったりしています。

大きさは七番で作ってもらうので、段飾りも異様に大きくなってしまいました。はっきり言って、分不相応な大きさなんですが、娘には雛人形で遊んで貰いたいという思いから、敢えて大きなお雛様にしてもらった次第です。娘の厄の身代わりになってくれるという言い伝えがある雛人形ですし、やはり古来からの伝統に則って、娘には毎年春になったら雛人形で遊んで貰いたいという思いがあるんですよ。

旧暦の3月3日まで飾るつもりなので、4月の上旬まで飾る事になります。それまでは部屋が一つ完全に潰れてしまうんですよね(汗) まぁ、まだ娘は全く判らないので、親の方がはしゃいでいる感じなんですけど、設置するのが大変やろなぁと今から戦々恐々としています。それ以前に早く頭を決めないと、いつまで経っても届かないので、どうなる事かとハラハラしています。
お雛様
暫くは部屋が一つ潰れます…(汗)



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諭吉と漱石を広く知ってもらいたいと、ブログランキングに参加してみました。。。
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   にほんブログ村へ
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   人気ブログランキングへ

[PR]
by ハム♂ | by chipmunks2 | 2008-02-12 07:44 | リス以外のお話
<< 空気清浄機 寝癖? >>

シマリス 諭吉と漱石

シマリス 諭吉と漱石