シマリス諭吉と漱石の日常

2007年 12月 06日 ( 1 )
by ハム♂ |
2007年 12月 06日
ネタなしのため…
え~、今日はネタが無かった上に、諭吉も漱石もカメラに収める事が出来ませんでした。ってな訳で先日散歩に出掛けた時に撮った画像でお茶を濁しておきます…

興聖寺は仏徳山と号する曹洞宗のお寺で道元禅師を開祖としています。1236年に伏見深草に建てられたのですが途中で廃絶し、1649年、当時の淀城主、永井尚政によって、宇治七名園の一つの朝日茶園であった現在の場所に再興されました。本堂は伏見城の遺構と伝えられ、その奥に建つ天竺堂には、宇治十帖古跡の「手習の杜」に祭られていた「手習観音」が安置されています。 参道は、脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音に似ていることから琴坂とよばれています。もみじの名所として知られる琴坂の風景は宇治十二景の一つに数えられ、昔から多くの人に親しまれてきました。

源氏ろまん 京都宇治Web Guideより…】


興聖寺
興聖寺の瓦です


興聖寺
これもまた興聖寺の瓦です


興聖寺
これもまたまた興聖寺の瓦です


興聖寺
興聖寺の参道脇は落ち葉で敷き詰められていました


興聖寺
大袈裟すぎるフレアが飛びまくってます


興聖寺
トイレに飾られてるカレンダーにありがちな…


興聖寺
朽ちた桜の洞です。諸行無常の感があったのでつい撮ってしまいました


興聖寺
なんでこんな画を撮ったのか自分でも覚えていません


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諭吉と漱石を広く知ってもらいたいと、ブログランキングに参加してみました。。。
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   にほんブログ村へ
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   人気ブログランキングへ

[PR]
by ハム♂ | by chipmunks2 | 2007-12-06 22:30 | リス以外のお話

シマリス 諭吉と漱石

シマリス 諭吉と漱石