シマリス諭吉と漱石の日常
2007年 12月 08日
またも…
先程帰宅したところ、また漱石が変な場所で冬眠モードになっていました。
詳細は後ほどアップします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ここから】
今日は午前中から大阪まで出掛けていたので、諭吉と漱石のいる部屋を閉め切っておきました。設定温度は28度にして出掛けていきました。帰宅が12時前と遅くなってしまったのですが、家に戻ってスグにケージの様子を確認すると、一階の敷材が異様に盛り上がっていました。
漱石
帰宅すると一階の敷材がエラい事に…

テンコ盛り状態になっていたのは、漱石が遊びまわってグチャグチャにしたんやと思っていました。ナッツ類を入れる食器が引っ繰り返っていたので、それを元に戻そうとした時に、漱石が床の上で丸まっているのを発見!なんと食器をわざわざ引っ繰り返して、床の上に直接寝てしまっていました。
漱石
食器を引っ繰り返して床の上で丸くなっていました

うわぁ~っ(>_<)またかいなぁ~って思いながら、呼吸の状態を目視でチェックすると、回数はやや少ないものの、普通に呼吸している状態でした。起こさない様に気をつけながら、両手で包む様にして暫くそのままの体勢で温めておきました。すると暫くすると目を覚まして、ヨロヨロしながら二階部分の寝袋まで移動していきました。その際、完全に身体が起きていない状態だった事の影響で、二階部分からまっ逆さまに落ちてしまいました。僕が両手で温めていた状態から逃げていった事もあって、そのまま漱石をキャッチできたので、致命的なアクシデントにならずに済みました。
漱石
寝袋に頭から落ちるように逃げ込んでいきました

寝袋に入った漱石の上から、タップリと敷材を投入しておきました。一旦クチャクチャに潰してから、それらを解してフワフワになるようにして、少しでも空気の層が出来やすい状態にして放り込んでおきました。体温が敷材の隙間の空気に留まれる様にしておきたいという狙いです。
漱石
寝袋の中に逃げ込んだので、上からタップリ敷材を投入しておきました

今朝の掃除の時にも巣箱の中の貯食分を全て撤去したんですが、帰宅してから再度チェックすると、既にかなりの量の食料を溜め込んでいました。これだけやはり完全に冬眠モードに突入してしまっているんでしょうねぇ。それにしても不思議なのは貯食する内容…去年はカボ種やヒマ種、それにクルミやドングリなど、全ての種類を溜め込んでいたんですが、今年は小粒の雑穀ばかりを溜め込んでいるんですよねぇ。
漱石
今朝取り除いたのにエラい貯めこんでました

ケージ周りの温度に関して云うと、一階部分の室温は23.5度を指していたので、寒いと思える温度ではないと思うんですけどねぇ。まぁ、三階部分の温度が30度になっていたので、バーチカル(縦方向)での温度変化の違いは大きいとは思いますけど…それにしても、しょっちゅう冬眠モードになっているので、下手に起こす事の方が、肉体に与えるストレスは相当なものだと思っています。う~ん…悩むなぁ…

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諭吉と漱石を広く知ってもらいたいと、ブログランキングに参加してみました。。。
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   にほんブログ村へ
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   人気ブログランキングへ

[PR]
by ハム♂ | by chipmunks2 | 2007-12-08 23:52 | 冬眠
<< 追う…逃げる… 諭吉らしからぬ行動 >>

シマリス 諭吉と漱石

シマリス 諭吉と漱石