シマリス諭吉と漱石の日常
2007年 12月 05日
またも漱石に…
今日は身体の芯から冷えるくらいの寒さでした。おまけに風も強くて頬が切れるんちゃうか?ってくらいに冷たい風が吹いていました。流石に12月になると一気に冷え込んできたなぁって感があります。という訳で今日は寒い一日だったので、漱石の事が心配だったんですが、今日は僕が見た限りでは冬眠モードにはなっていませんでした。

で、掃除の際に気付いた事…三階の巣箱の中に溜め込んでる食餌の量と、一階の巣箱に溜め込んでる量が明らかに違うんですよね。以前からどちらかの巣箱に多めに運んではいたんですが、最近は必ず下の巣箱の方がテンコ盛り状態になっています。三階は室温が高く、一階は室温が低いという事が関係しているのかも知れません。室温が低いから冬眠する為に巣箱の中に大量に食餌を運んでるなんて事は考えられないかなぁって思ったりします。
巣箱
一階の巣箱は貯食量多く、三階の巣箱は少ないです

この貯食とは全く関係ありませんが、またまた漱石がやってくれました!今度はフリースの寝袋で事件が起こりました。漱石がフリースの中から出てきたんですが、何故かフリースから離れようとしません。不思議に思っては居たんですが、僕の姿が見えてるから、いつでも退避できる様に寝袋の傍を離れないんやろと思っていました。暫くしても寝袋の中に戻る訳でもなく、ひっきりなしに寝袋の出入り口でウロウロしてたので、様子を見に行ったんですが、漱石の爪がフリースの生地に絡んでしまっていて、身動きが取れない状態になってたんですよねぇ(汗)

僕が近付くと必死になって逃げようとするんですが、爪がフリースに引っ掛かってしまっているので、片手の自由が利かずにもがいていたので、大慌てでフリースから放してあげる事にしました。ハサミをもってきて、爪を切らない様に注意しながら、漱石の身体を補定して爪の先に絡まってたフリースをカットしてあげました。数箇所噛まれてしまいましたが、流石に途中からは噛む事もしなくなり、スグに開放することができました。
漱石
フリースに引っ掛かってた痕跡が右手の先に残っています。
小さいから判り難いかも知れませんが、赤い生地がピロンっと写ってます

漱石
その後、何も無かったかの様に過ごしていました

それにしても、毎日毎日ネタを提供してくれますが、もっと笑える様なネタにしてもらいたいもんです。冬眠だの怪我しかけたりだの、マイナス要因のネタは歓迎できませんからねぇ。ホンマに漱石には色々と悩まされますわ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諭吉と漱石を広く知ってもらいたいと、ブログランキングに参加してみました。。。
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   にほんブログ村へ
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   人気ブログランキングへ

[PR]
by ハム♂ | by chipmunks2 | 2007-12-05 22:04 | 漱石
<< ネタなしのため… 今朝の漱石 >>

シマリス 諭吉と漱石

シマリス 諭吉と漱石