シマリス諭吉と漱石の日常
2006年 07月 03日
ケージ内レイアウト
ケージの中の様子というか、レイアウトを変更してからの状態です。漱石が日中は昇り降りをする事が多いとの家人の話を聞いて、フリースペースとなる踊り場風の板を設置してあげました。それに伴い、掃除の際に二人を移動させているケージに使っている巣箱を、こちらのケージに移設してみました。ケージの中には3軒の巣箱があるという状態になっています。
ケージのレイアウト
正面から見たケージのレイアウト


ケージのレイアウト
横方向から見たケージのレイアウト

2段目の巣箱から2階の床部分までの空間が少し大きく感じたので、先日作ったフリースペースの踊り場を設置してあげました。ここは漱石が結構休んでるらしいです。諭吉がここで休んでる姿は、殆ど見受けられません。漱石専用の踊り場と化してます。写真にある様に、ここで食事をとったりしている事が多いとの話です。僕自身はこの板の上にいる漱石を見た事は数える程しかありません。
踊り場
踊り場の様なスペース。漱石専用と化してます

ケージを掃除する際に移動させている、もう一つのケージの中に入れてあった巣箱を移設しました。1階部分から2階部分へ上がってきてスグの場所に設置しました。1階部分から逃げてくる時に、咄嗟に入れる巣箱というニュアンスで設置してみたところ、僕の姿をみて逃げようとした際に、この巣箱へと逃げ込みました。日中はこの巣箱の屋根にのって休んでる姿を頻繁に見るらしいです。確かに屋根の上には結構な数のフンが転がってます…
移設した巣箱
掃除の際の別荘から移設してきた巣箱
1階部分から逃げてきた時の駆け込み寺となってます

敷材を藁半紙と半紙に変更してから、ちょっと余分目に敷くようにしてみました。漱石はこの敷材に潜り込む事が多くなってきています。日中はこの敷材の中を、一人でゴソゴソ潜ってみたり、ケージの端の部分に集めてきては、小高い山の様にしているらしいです。
1階部分
ケージ最下部の【敷材の丘】漱石が一人で作ってます


あまり環境を変えるとストレスになると思うので、現時点では極力模様替えは避けたいと思っています。全体のレイアウトは変更せずに、空間を埋める意味での踊り場の設置と、1階部分に居る時に、僕が動いたりした際の逃げ込みに使う為の巣箱を2階部分の床近くに設置してみたという感じです。

当分はこのレイアウトでいこうと思っていますが、ケージの中の動きをみて、適宜変更していく必要がでてくるかも知れません。このケージが届いた時は『こりゃ、かなりデカイなぁ』と思ってましたが、ここ数日はもっと大き目のケージを作りたくなってきています(笑)理想はケージの中を森の様に木の枝が張り巡らされていて、床面は土が厚くもれる状態に出来ればいいのになぁと考えています。実行予定はありませんけど、レイアウトを変更するだけで、色々と頭の中でプランだけが広がっていってます~(^^♪




----------------------------------------------------------------------------------------------------------

諭吉と漱石を広く知ってもらいたいと、ブログランキングに参加してみました。。。
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   にほんブログ村 ペットブログへ
よろしければポチっとクリックお願いします。⇒⇒⇒   人気ブログランキングへ

[PR]
by ハム♂ | by chipmunks2 | 2006-07-03 21:48 | 掃除・メンテ
<< 給餌のバリエーション 漱石巣箱に戻らず… >>

シマリス 諭吉と漱石

シマリス 諭吉と漱石